映画ばっかり観てんじゃねぇ!

映画好きNWエンジニアのお気楽ブログ

*

【映画日記】スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

      2016/03/17

20160315141356

監督:リチャード・マーカンド 出演:マーク・ハミル ハリソン・フォード キャリー・フィッシャー

ルーク・スカイウォーカー3部作の最終章となる「ジェダイの帰還」
VHSで販売されてた頃には「ジェダイの復讐」というサブタイトルがついてましたが、今は原題通りの表記となってるようです。
ジェダイの騎士に復讐というニュアンスは合わないし、映画を観ればわかりますが、選ばれし者と言われた最強のジェダイ騎士が、ついに暗黒面から帰還したというストーリーを簡潔に表すにうってつけのサブタイトルだと思いますしね。

旧3部作だけ観ていても、ラストは感動的なシーンだと感じますが、新三部作であるエピソード1~3を観ていると、さらに感動が増すのではないかと思います。
なにより1~6はアナキンの物語と言っても差支えないですからね、なぜ選ばれし者が暗黒面に堕ち、そして帰還したのか…
是非すべてのエピソードを観てもらいたいもんです。

アナキンがジェダイ騎士に帰還できた理由ですが、これはもうジェダイの教えがどうとかそういう事ではないでしょう。
そもそもジェダイの教えってかなり一方的で、シスも悪ならジェダイ評議会の教えも悪ってイメージが強いんですよねw
中道がないというか、なんというか…、そもそも愛を否定してるしね。

でもルークは家族の愛を、アナキンが父親としての正しい心をまだ持っていることを信じて、最後には剣を置いた。
それによってアナキンもまた、本当の心を取り戻すことができたんですねぇ。
正直このシーンは泣きそうでした。
まぁ、全体的にはそこそこ面白いかなと言ったところ。
スターウォーズシリーズすべてに言えることですが、熱烈にオススメできるような映画ではないなぁ、というのが個人的な感想です。
一度も観たことないのであればどうぞってなとこですね(笑

 

 - サ行